メニュー

サーフィン初心者の方へのご案内

サーフィンを始めるためにまずはサーフボード

サーフボード

まずサーフボードを買いましょう。
まずはボードを買わなきゃ始まりません。道具レンタルでサーフィンスクール受けて楽しかったらやるって選択肢もあるけどやりたいって思ったらまずは道具がなきゃ始まらないです。


サーフボードを買うときに見るもの 長さ・幅・厚み

サーフボードの長さ・幅・厚み

表示されているのはこの3つだけです。
最近は体積も表示されているものが少しずつだが出回ってきているのでこれも目安にしたいところです。
上記3つ~4つの数字は大きければ大きい方が良いです。極論ロングボードかSUP(笑
SUPとなるとサーフィンじゃなくなっちゃうのでここでは省いておきます。
そして、ロングボード(長さ2.75m以上がロングボードと呼ばれる)は初心者が始まるには持ってこいの安定感です。
しかし、現実的に考えてみましょう。 値段が高い、長い(一般的な住宅の部屋天井高2.4mに立てておけない)(マンションのエレベーターに入らない)重い、家から出して車に積む、車から降ろして海まで運ぶ、とても重労働です。そして腕が届かない(女性は脇に抱え辛い)、小さな車に乗らない等、問題山積みです。
最初からロングボードをやりたいなら文句無しにお勧めしますが、ショートかロングか決まってない人であれば 最初はショートとロングの中間の長さのファンボードをお勧めします。


サーフボードブランドによる性能の違い

サーフボードの容量は同じだが形が違う比較の図形

ブランドが違えば その性能も大きく変わってきます。
例えば同じ25Lの粘土でサーフボードを作ります。
Aブランドは 短くて幅が広い板
Bブランドは 長くて幅が細い板
どちらも同じ25Lです。

フリーセッションの初心者用のサーフボード

作り手の膨大な経験に元付いたデータから作り出される、初心者用ファンボードです。
力が無く進まず遅いパドリングでもテイクオフが早い板
一度乗ったら余裕をもって長く乗れる板など、いつまでも初級者ではなく、ある程度出来る様になっても、ターンの練習になる操作性の良い板、そんな板が良いと思います。


サーフボードのフィン(又はスケッグ)

サーフボードのフィン、スケッグ

サーフボードの進むスピードは波にもよりますがプロサーファーで30km~40kmです。
巨大な波だと60kmオーバーにも達します。
そのスピードでバイクが曲がる時、どれだけタイヤに負荷がかかるか想像してみてください。
サーフボードはその多くの負荷がフィンにかかってきます。かなり大きな役割を担っていると思いませんか?
フィンの形・面積・固さ等、色々な物が出回っていますが、一つ一つ違った動きをします。
板・波・乗り手 それぞれで変えることでライディングが変化します。


サーフボードに塗るワックスについて

サーフボードのワックスの種類(COLD,COOL,WARM,TROPICAL)

一般的にワックスと言うと滑る物が多く勘違いされやすいのですが、サーフィンにおいては乗る側に塗る滑り止めです。
通常COLD・COOL・WARM・TROPCALと4種類あります。水温によって使い分けますが、近年のサーフィン技術の進化でより高度な技をやり不安定な着水を要求される為、よりグリップの優れたWAXが好まれる様になりました。
その為柔らかいWAXが多くなり、直に板に塗っても付かない物が増え、その為ベースコートと呼ばれる下塗りワックスが登場しました。


サーフボードのワックスの塗り方

ヘイデンシェイプスのクレイグアンダーソンのサーフボード

まず冷えた部屋で、冷えたベースワックスを冷えた板にあまり力を入れず、時間をかけて凸凹が出来るまで塗ります。
乗る場所、板をつかむレール等、想像できる以上の広範囲に塗ります。
上手な人であればあるほどノーズの方まで広範囲に塗っています。
この板はヘイデンシェイプスサーフボードのクレイグアンダーソンの使って居たサーフボードです。
かなりノーズの方まで塗ってありますよね。
フリーセッション店舗に置いてありますので近くにおいでの際はご覧になってください。


サーフボードのワックスの落とし方

出来るだけ暖かい所で作業します。ワックスが溶けるぐらい暖かい所で、まずは固めのスクレーパーで粗削りします。
出来るだけ落としたところで、次に柔らかめのスクレーパーで仕上げ落としします。最後にリムバーを吹きかけて数分放置します。
ワックスが溶けて来たらウエス等で拭き上げます。べたつきがなくなりさらさらになったら完了です。ステッカーも貼れます。汚れたら落とすぐらいでokです。
マメにきれいにしてあげる事で小さな傷も早期に発見出来ます。水が入りダメになる前に修理することで板が長持ちします。道具を大事にするとサーフィンも上手になります。


サーフィンで着るウエットスーツ

サーフィンで使用するウェットスーツ

日本が世界に誇るフルオーダーのウエットスーツは世界中でダントツナンバーワンのシェアとクオリティーを誇ります。
ウエットスーツの素材であるネオプレーンは3層構造で成り立ってます。
中心となるスポンジゴムは多くのガスを含んだスポンジのような素材で、軽く柔らかく保温性のある素材が高級品となっています。
逆に安価なものは固く重くガスの含有量が少ないので保温性があまりありません。
そのスポンジゴムの耐久性や伸縮性・保温性をサポートするのが、両面に貼られるジャージやラバー・起毛素材等です。

ウェットスーツの生地の伸び

通常スポンジゴムだけだと200%以上伸ばした時点でちぎれてしまいますが、表面素材を貼る事により400%以上伸ばしてもちぎれない素材となります。
そして裏地は主に着心地・速乾性・保温性等を司る素材を貼っています。
シルクの様な着心地や、1時間の休憩で乾いてしまってるかのような着心地の素材もあります。
保温性と熱伝導率が低く軽い素材の代表である、空気を利用して、吸水率ゼロのストロー状の素材に空気を多く含んだ起毛素材を作成してあります。体からウエットを通して海水に移動する体温をウエット内に留めることが出来ます。海水から体に移動して来る冷気も空気の層で遮断出来ます。
更に高性能の生地は、ウレタンゴムと起毛素材の間に銀とチタンの膜を挟み込んで魔法瓶の効果を持つ高性能な生地も存在します。
今現存する最高峰の保温素材生地は、ダウンジャケットの空気層と魔法瓶の保温性を併せ持った生地になります。


ウエットスーツの表面素材と人間の肌の気化熱の関係

人間は体を冷やすために汗をかきます。
体の表面に付いた水分が蒸発するときに熱を奪っていきます。これが気化熱です。同じことがウエットスーツでも発生しています。  ウエットスーツの表面素材が保水する素材としない素材、これによって保温性が大きく変わります。


ウェットスーツのパーツ(生地)の接着

国産のウエットスーツの最大の特徴はパーツの接着とすくい縫いにあります。
10人十色の体形や複雑な動きをする関節に合わせて、いくつものパーツを繋ぎ合わせて作られるウエットスーツ、その一つ一つを二度三度と接着剤を塗り接着します。
更に糸が貫通しないように丁寧にすくい縫いしてあります。こうして世界に誇る日本のオーダーウエットスーツが作られます。
安価な物は海外製の固く保温性のない生地で、S・M・Lと既成サイズで更に接着は無し、生地を重ねて糸を貫通させて縫い上げられています。
ゴム製なのでなんとなくフィットした様な感覚はありますが、国産のオーダースーツと比べると雲泥の差があります。 


サーフィンで使用するスーツの種類

  • ドライスーツ(海水の侵入が無い長袖、長ズボン、ブーツ付き)
  • 5ミリセミドライ(海水の侵入が少ない長袖、長ズボン)
  • 3ミリフル(5ミリより薄いので動きやすく海水の暖かい春や秋に使う)
  • シーガル(半袖、長ズボン 気温は高いが水温が低い時に活躍)
  • ロングスプリング(長袖、半ズボン 水温は高いが風や気温が低い時に活躍)
  • スプリング (半袖、半ズボン)
  • ショートジョン(タンクトップ、半ズボン)
  • ロングタッパ(ロングスリーブTシャツみたいな物)

等、ウエットスーツには水温、気温に合わせて色々なタイプがあります。
普段着ている洋服は夏物のTシャツの上に長袖トレーナー、更に寒けりゃジャンパー等重ね着が出来ますが、残念ながらウエットスーツにはその方法がないので、季節によって何枚か揃える必要があります。


サーフィンで利用する小物

サーフィンで利用するバケツとリペアテープ

サーフィンに必要な、あると便利な小物類です。  無くてもサーフィン出来ますが、あるととっても便利な小物類です。

  • 濡れたウエットを入れて帰り 帰宅後の洗濯から柔軟剤まで色々便利なバケツ型容器
  • ウエットスーツ(ゴム製品)専用のシャンプーやコンディショナー
  • 海に入る前に板をぶつけてヒビが入ってしまった時には応急処置して海に入りたいそんなときに リペアーテープ
  • 水温が変わりWAXを塗り替えるので 古いWAXを剥がしたい 時にスクレーパーやWAXリムバー

等 説明していたらキリがないくらい色々な便利グッズがあるので、必要に応じて買いそろえると良いと思います。 


サーフィンの波情報について

天気図を見て風向きうねりの向きからその日の波の状況を予測したり、実際に人が見に行って波の状況を書き込むサイトや月々定額の有料サイトがあります。(波伝説やBCM等)
しかし、そのサイトを見ても最初はちんぷんかんぷん?????
用語や基本的な知識が無いと参考にすらならない場合もあるので要注意です。


ローカルサーファーとビジター

海の近くで生まれ育った地元のサーファー、近所の爺ちゃん婆ちゃんも子供のころから皆知り合いです。
基本的に近くの海に入っているから、色々なコンディションを熟知しています。
危険な流れや無理なコンディション、ローカルサーファーが今日は入っちゃダメって言ったら素直に従いましょう。
野良犬みたいに近くに行っただけで吠える人、地元のポイントを独占したい人等、色々なローカルが居るのでなんとも言えません。
例えばローカルオンリーと言われてるポイントは、もともとはビジターもウエルカムだった場所で、ビジターがゴミを散らかしたり、朝早く来て住宅の近くで音楽のボリューム上げたり、WAXゴリゴリかけたり、勝手に水道使ったり、邪魔な所に路上駐車したり、挙句の果てには用を足したり、サーファーとして以前に人としてモラルを守らなかったためにクローズされた例などは良く耳にしています。
サーフィンをしていくうえでローカルサーファーという言葉は必ず耳にします。怖いサーファーの代名詞みたいな言い方をする人を多く耳にしますが、必ずしもそうではないという事を覚えておきましょう。
私達も鉾田市のコスモポイントを毎月ビーチクリーンしていますが、ほとんどのビジターサーファーがビーチクリーンしている私たちを無視して横を通り過ぎる現実がある事を目の当たりにしています。 


サーフィンスクールについて

自分がやってる事が正しいか否か、自信のない方は受講する事をお勧めします。
自分が持ってるサーフボードは自分のレベルに合ってるのか?
パドリングはこれで本当に正しいのか?
とにかく???だらけの初級者は(これが正しいから自信を持って練習して)って言われれば、脇目もふらず全力で練習できますが、半信半疑では練習にも身が入らないと思います。
そして1,2回受けたぐらいじゃ出来る様にならないのもサーフィンです。
定期的・継続的にレッスンを受けて最短距離で上手くなりましょう。  上手になるってとっても楽しことです!
サーフィンは自然相手の遊びです。いつも同じ所でスクール出来るかというとそうでもないです。特に初級者は練習できる波のサイズや形が狭いので、状況によって茨城から千葉まで、色々な場所の中で最適なポイントを選んでレッスン致します。
サーフィンスクールのページ


冬でもサーフィン出来ます

今やウエットスーツやドライスーツの進化によって、冬でも快適にサーフィンできる様になりました。
私の着ている2mmのドライスーツは3mmのウエットスーツより軽く動きやすいので、運動性に関して全く不満はありません。保温性は中に重ね着が出来るので、これまた全く不満はありません。尚且つドライスーツの下にはシャツを着てるので脱いだ後に汗をかいてる事があるので、それを着替えるくらいです。
ウエットスーツの様に頭からお湯を浴びた後に訪れる極寒地獄からは解放されます。